かさぶた観察日記

右肘(ひじ)にできた「かさぶた」を観察する日記。
 
 
すれ違いざまに何か言う人
観察3892日目。

かさぶたの跡は、昨日と比べてあまり変化なし。

20180625

たまに、すれ違いざまに何か言う人というのが気になる。
今日も夜に歩いていたら、自転車の兄ちゃんがすれ違いざまに何か言った。
きっと悪口だろう。

こういう人たちは、こんなことをしていて楽しいのかぁ、と思う。
悪口を言われたと気付いた人が、逆ギレして追いかけてくるかもしれないのに。
下手したら殺されるかもしれないのに。
そういったことを理解した上で、やっているのだろうか。

それに、こういう人は後で必ず後悔すると思う。
悪口を言った人がもし、すごい人だったらどうするのだろう。
将来、すごいことをする人かもしれない。
自分を助けてくれる人かもしれない。
そういった機会を自分から捨てている。
ものすごい愚行だ。

反対に、すれ違うちょっと手前で、知らない人におじぎをされたこともある。
2人連れで2人ともおじぎをしてきた。

でも、僕はその2人を知らない。
僕のことを知っていたのだろうか。
それとも、誰にでも挨拶をする人たちなのだろうか…。