かさぶた観察日記

右肘(ひじ)にできた「かさぶた」を観察する日記。
 
 
久しぶりの歯医者
観察539日目。

かさぶたの跡は、昨日と比べてあまり変化なし。

20090430

昨日の夜、爪楊枝で歯をいじっていたら、小さくて固くて丸い石のようなものが出てきた。
食べた物に紛れていたのかと思ったけど、口の中を舌で触ってみたら、治療済みの歯の一部が欠けていた。

慌てて鏡を見たら、右下の奥歯に穴が開いている。
歯の白い部分が欠けていて、中の詰め物も欠けて出たような感じ。

仕方ないから、今日は歯医者に行ってきた。
ネットでクチコミを調べて、評判の良さそうな歯医者を見つけて行ってみた。

その結果、とても感じの良い歯医者だった。
年配の先生は対応が丁寧で、看護士さんはかわいいし。

治療ではまずレントゲン写真を撮影。
その結果、中に虫歯が潜んでいた様子。
痛みはないから、麻酔をせずに治療することになった。
銀色の被せ物を取り除いて、歯の内側を治療してもらった。
今はピンク色のゴムみたいな詰め物が入っている状態。
次回は連休明けに行くことになった。

でも、本当に久しぶりに歯医者に行った感じがする。
5年ぶりくらいだろうか?
それに、歯医者に行っていつも思うことは、看護士さんが美人、またはかわいいということ。
いいなぁ。